文字起こし関連情報

文字起こしの作業時の注意する点

音声を文書化する文字起こしをする際に、注意しなくてはならない事があります。
それは「話し手の伝えたい事・表現したい事を的確に読み取る事」です。
文字起こしは音声だけで相手の強調したい部分や真意を感じ取らなくてはいけないので、自分の主観を入れずに客観的かつ相手の立場になって考える必要があります。
もしこの部分の注意を怠ったり、自分の考えを無意識のうちに入れてしまったりすると話し手の真意とのずれが生じトラブルの発生やデータとして使えなくなってしてしまいます。
そのような事を避ける為に特に注意をしなくてはならない点を2つ記します。
1つ目は「単語や漢字を正確に選択する事」です。
日本語では同じ発音で別の意味の漢字や異なる意味を表す表現が多々あります。
これらの選択を誤ると全く別の文章になってしまいます。
2つ目は「省略する所を見極める事」です。
文字起こしで意味のない部分や同じ事を繰り返している部分を省略する際に、相手の「強調している部分」を省略しないように気を付ける必要があります。
誤って重要な部分を略してしまったら、相手の真意が伝わらなくなってしまいます。
中身を変化させず形式だけを変える事が大切です。

Copyright(c) 文字起こし . All Rights Reserved.